花火師紹介

尾崎 正仁

みんなの笑顔のために頑張ります。 尾崎 正仁

打上花火の製造工程「星掛け」

「星掛け」とは花火製造の2番目の工程で、粉末状の火薬を水を使って丸く固めていく作業のことです。

熟練の技と経験がモノをいう星掛け。

星掛けはほし花火の美しさを決める重要な工程で、回転ドラムの中に粒状の芯を入れ、水で溶いた火薬を掛けて、ドラムの中で転がして次第に星を大きくしていきます。星は匙加減ひとつで燃え方が変わるので、熟練が必要です。星の芯にかける火薬の量や、ドラムの回転数、日光による乾かし方等、いろんな条件のバランスが整うことで、よい星が出来上がります。

写真:星掛けの作業風景

お客様の歓声と拍手が明日への原動力。

メディアの力を借りずに、一度に最も多くの人に楽しんでもらえるエンターテイメントが花火だと思います。もっともっとお客様に楽しんでいただきたいとの思いから、昔ながらの定番の星を改良したり、今まで観たことのない新種の星づくりに挑戦したりしていますが、自分のイメージ通りの星が出来上がったときは、この仕事の醍醐味を感じます。そして何よりも、大会で全ての花火が出た後に、お客様から歓声と拍手が聞こえた時は、この仕事をやっていてよかったと思います。 そんな私の夢は、今まで誰も作らなかった奇想天外な花火を作ること。日本一の花火職人になりたいという夢もありますが、それよりもまず、お客様が楽しめる花火を作り続けたいと思っています。 

写真:日光で星を乾かす様子

加藤煙火の花火「テーマパーク・イベント」

テーマパークでの一日を締めくくる花火。

花火大会に比べて、小規模な花火が多いのがテーマパーク花火の特徴。そのため、小さい花火玉でもボリューム感が出せるような打ち上げ方をしたり、音楽と花火をシンクロさせるミュージックスターマインを利用した演出で、小さくても楽しい花火を楽しんでいただく演出をしています。
「テーマパークで過ごした楽しい時間を締めくくるのに相応しい、思い出に残る花火を出したい」という主催者の方の気持ちに応えられるよう、サービス精神たっぷりの花火を出す一方で、安全面にも細心の注意を払っています。お客様との距離が近い現場が多いので、火の粉や残渣がお客様にかからないよう、風向き等の現場環境に注意して作業している他、打ち上げ後に出るゴミが少ない花火を使用するなど、できるだけきれいなテーマパークを汚さないように注意しています。

写真:テーマパークでのセッティング風景

加藤煙火の花火師

  • 横田 栄一
  • 尾崎 正仁
  • 伴 長春
  • 加藤 克典
  • 本田 裕之
  • 泉 宏樹
  • 増元 直人

このページの先頭へ