加藤煙火の花火

手筒花火

手筒花火、それはハレの花火。

愛知県三河地方を中心に続く、今なお勢いを増す伝統。手筒。

参加型花火と呼ぶには温すぎる、参加型の極致。完全主役型。

資材収集から火薬の仕込みまで、火薬の製造以外の工程を全て自らの手で行い、放揚する。

それは伝統であり、誇りであり、神事であり、生活の一部であり、ハレの舞台であり、地域コミュニティーであるが、最悪の場合、命を落とす。

だが人々は魅せられ、また集い、手筒は決して衰えない。

手筒を守っていく立場にあることを、私たちは誇りに思う。

条件、準備期間等、極めて厳しい道程になりますが、覚悟のある方、よろしければご指導致します。

加藤煙火の花火

ご質問・ご相談はこちら

  • Tel:0564-62-2375
  • E-mail:katoenka@katoenka.jp

このページの先頭へ